たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  八王子市 八王子市

着圧ストレスと冷え・八王子高齢者(シニア)洋服・肌着専門店・東京・横浜・おばあちゃん・年寄り・母親・80代・下着・



人間は洋服を着る唯一の動物です。

元々人間は熱帯地域に住んでいたので体毛が無く、裸で暮らしていました。

時が経つにつれ、人口が増え生活領域を広げて行った時に、気温の低い地域に移り住んだ人間が

身体を温める道具として服を考え出したのです。

身体にとって基本状態は裸なので、衣を羽織ると言う行為はある意味ストレスと認識し、

自律神経(血管の収縮をコントロールするコンピューター)は交感神経(緊張のスイッチ)に入ります。

当然、血管は収縮し生命のエンジンはアイドリング状態に入ります。要するにいつでも動ける状態ですね。

逆に服を脱いでパジャマに着替えると自律神経は副交感神経(緩和のスイッチ)に入り、血管は拡張し、

疲労が回復します。


家に帰ってパジャマに着替えると疲れが抜けていく気がしますでしょ?あの状態の事です。

分厚い洋服を脱ぐので体の表面温度は下がりますが、実は血管は解放され広がりますので、血流が良くなります。

血液は酵素・酸素・温度この三つの健康維持要素を体の隅々にまで運びますので疲れが抜けて回復に向かうのです。

体の表面温度は下がりますが、今まで血流が滞っていた末端に行き渡るので、手足などは逆にポカポカしてきます。

当然ながら部屋を寒いままにしておいたら体温は下がりますので、この血管拡張効果も効き目が薄くなります。

ですから、冷え性の人は、家に帰ったらリラックスした部屋着に着替えて、部屋を暖かくして過ごすのが一番良いのです。

パジャマを選ぶ時の注意点。手首と足首とウエストのゴムが緩いものを選ぶ事。

ウエストゴムなどはゴムの入れ替えが出来るものを選んで、パンツのゴムなどをゆるく入れ替えて履きましょう。

ウエストゴムが強いと血流をストップさせてしまいます。

裸で寝たら良いんじゃない?って思ったかた。それはいけません。

よく芸能人で裸で寝るなんて人も居ますが、よっぽどお部屋の環境を整えてあげないと無理です。

部屋の温度を小汗をかくぐらいまで上げて、乾燥を防ぐ為、加湿器で湿度を高く保つ。でないと、乾燥することに極端に弱い器官である喉が

すぐに炎症を起こし、体調不良になります。当然ながら湿度を上げますので家電製品、テレビパソコンなどは部屋に置けなくなります。

眠るだけ専用のお部屋を作る余裕がないと無理ですね。

だったら柔らかい肌着とパジャマを着て、体の回りに温かい空気の層を作って、部屋の温度と湿度はそこそこに保って寝た方がコストパフォーマンスが良いのです。

お年寄りの肌着の選び方

ポイントは三つ

①肌圧力の無い肌着を選ぶべし(ゆるやかな肌着)

②肌に優しい素材を選ぶべし

③80代の体形に合わせた型紙を使用した肌着を選ぶべし

先ずは①番。密着度の高すぎる、肌着はいけません。

何故か?若い人のように一日中外出し、動きっぱなしなら、肉体が常に反発しますのでピタッとした肌着でも血流を妨げることなく着られる
のですが、お年寄りの場合、一日の運動量、活動量は多く有りません。中には一日中座ってるなんて方もいます。肌着の圧力が血流を妨げて体温を下げてしまうのです。加えて、心臓のポンプの力が若い人と比べて極端に弱くなっていますので、肌着で圧力を加えることが体温低下を助長します。

さらにキツイ肌着はストレスを強いますので、交感神経にスイッチが入り、血管の収縮を招きます。当然、血流は滞り体温は上手く上がりません。

肌圧力が血流を妨げ、肌ストレスが血管を収縮させる。この2大悪影響が体温を低下させます。

ピッタリスッキリしてアウターに響かないなんて肌着は、若い人だけをターゲットにした商品なのです。
いわゆるヒートテック系とかお洒落なガードル機能も加わったワコール系の肌着は50代くらいまでの健康な人の身体に合わせて作ってあります。

高齢者用の肌着をお店の人に聞いて買いましょう。


2番の肌に優しい素材を選ぶは、お年よりは肌の油分が極めて低くなります。いわゆる乾燥肌。粉吹き肌、乾皮症。というやつですね。

お若い人のように油分が潤滑油となって、ヒートテック系のポリエステル・アクリルなどの硬質な繊維でも肌がかゆくなる様なことは

無いのですが、ご年配にはやはり相性が良くないのです。化学繊維が全て悪いわけではないですが、やはり綿の肌当たりの良さ、保湿性の高さがご年配のデリケートな肌には良いのです。

三つ目の型紙

ご年配の方は、若い人のように真っ直ぐ立っていません。背中が極端に曲がってる人は、さすがに分かっていて、それ専用のを買っていかれるのですが、薄っすらと体が湾曲してきた様な方は、それに気づかず、若い体形の型紙の肌着を買って行ってしまうのです。
肌着のメーカーも、これは70代の肌着ですとかこれは40代までの体形に合わせた型紙で作ってますとかパッケージに書きませんので、
そういう間違いが起こるのです。

身体にあった型紙の肌着を着ると、長時間着ていても全く疲れません。肌ストレスによる血管収縮現象も起きませんので、体温低下も少ないのです。


この三つのポイントに注意して選んで頂くと、着疲れがなく血管収縮も起きず、体温が高く保たれます。

要するに気持ちよく温かく過ごせるのです。

フワッと。肌に優しい素材で。体形に合った型紙。この三つで気持ちよく温かく肌着を着て下さい。


  • 同じカテゴリー(冷え取り講座)の記事画像
    高齢者の専門店が教える母の日の最高のプレゼントとは?70代・80代が絶対喜ぶ!東京八王子
    一日寝ても疲れが取れない人集合!正しい休み方講座【八王子・冷え取り肌着・高齢者洋服専門店】
    【自律神経を猿でも分かるようにキャラクター化して説明してみた】八王子冷え取り肌着の店
    春が苦手な人集合!いきなり温かくなりましたね!体調管理にご注意を!多摩・介護下着靴下・高齢者・洋服・お店
    筋肉貯金が日本を救う!八王子市高齢者・肌着・洋服・
    【間違いだらけの腹巻選び】どうしてあなたは腹巻を続けられないのか?八王子の高齢者肌着・洋服・スラックス・セーター
    同じカテゴリー(冷え取り講座)の記事
     高齢者の専門店が教える母の日の最高のプレゼントとは?70代・80代が絶対喜ぶ!東京八王子 (2018-05-03 19:13)
     一日寝ても疲れが取れない人集合!正しい休み方講座【八王子・冷え取り肌着・高齢者洋服専門店】 (2018-04-30 07:14)
     【自律神経を猿でも分かるようにキャラクター化して説明してみた】八王子冷え取り肌着の店 (2018-04-27 08:31)
     春が苦手な人集合!いきなり温かくなりましたね!体調管理にご注意を!多摩・介護下着靴下・高齢者・洋服・お店 (2018-03-14 19:24)
     筋肉貯金が日本を救う!八王子市高齢者・肌着・洋服・ (2018-03-13 18:14)
     【間違いだらけの腹巻選び】どうしてあなたは腹巻を続けられないのか?八王子の高齢者肌着・洋服・スラックス・セーター (2017-10-25 19:32)

     
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    店舗・企業情報

    店名

    イツミヤ

    住所

    〒192-0053
    東京都八王子市八幡町5-11

    TEL

    042-622-8362

    営業時間

    9:30~19:00

    定休日

    無休

    URL

    http://poppanaitumiya.jimdo.com/

    コメント

    八王子の温かい肌着の専門店です。冷えの強いご高齢者の肌着や靴下やお洋服でしたらお任せください。冷え性の根本原因と対峙しながら、その方の症状に合わせた冷え取り方法をお勧めさせて頂いてます。創業60余年。「失敗させないお買い物」がテーマのお店です。お母様お祖母様やお父様お爺様の代理購買やプレゼントの際は是非ご利用ください。ご高齢者の洋服の失敗しない買い方をナビゲートいたします。

    削除
    着圧ストレスと冷え・八王子高齢者(シニア)洋服・肌着専門店・東京・横浜・おばあちゃん・年寄り・母親・80代・下着・
      コメント(0)