たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  八王子市 八王子市


八王子の冷え取り靴下!肌着!レッグウォーマー!立川からのお客様も!



冷えは万病の元

古くからあるこの言葉は、日本人が経験則に基づき確信を持って心に刻印した標語です。

冷房設備が普及したのは、ほんの40年。

人類の歴史25万年。

夏に、ここまで身体を冷やした事はなかったのです。

人間のDNAに刻み込まれたフォーマットは、夏の冷えには対応してくれません。

夏に身体を冷やすのは、非常にリスクが高いと言う事です。

あの冷房が無かった、昭和初期の夏でも、お婆ちゃんは孫に「お腹だけは温めなさい」と言って腹巻をさせていました。

夏に冷やした身体は、蓄積して必ずや「秋」「冬」に体調不良となってあなたを苦しめます。

暑くて眠れない日は冷房を入れるのも致し方ありませんが・・・そんな時も必ず

レッグウォーマーだけはやってくださいませ。

ふくらはぎは「第二の心臓」です。脂肪に守られていない「むき出しの心臓」です。

是非、ウォーマーで守ってあげてください。

微差ですが・・・確実にあなたの体調を上向きに導いてくれます。

暑い日が続きますが、どうかご自愛くださいませ。




  • 最高の五本靴下を見つけた!八王子でシニアの下着や靴下や洋服が買える店!イツミヤ!



    この五本指靴下!とっても履きやすい!

    特徴を列挙します!

    ①口ゴムが使ってないので柔らかくストレスが無い(踵が立体編みなので踵でキャッチしてズレない)

    ②肌当たりがとても柔らかい(綿97%なので肌が弱い方でもOK)

    ③指がキチンと計算されて編んであるので、指脱げが無い(駄目なメーカーは指が脱げて、履いていて疲れるんだなぁコレが)

    五本指が苦手な人も、これなら履けます!

    水虫でお困りの方。

    外反母趾でお困りの方。

    足が冷えてお困りの方。

    とにかく2ヶ月履き続けてみてください。

    きっと効果があるはずです。劇的に治る方も居れば・・・薄皮をはぐように少しずつ良くなる方もいますので・・・あしからず・・・。

    五指を開くと言う事が足の健康に取ってどれほど大切か!(いきなり力説)

    指の間の毛細血管が開き血流が良くなります!

    血液だけが足先に体温と酸素と酵素を運ぶのです。

    それを滞らせから足の治癒が遅れるのです。

    血流をジャンジャン流してあげるのがどれほど大事か!(力説)

    だから足首のゴムは必要ないのです。いや悪影響なのです!

    多少ずれたって良いんです!締め付ける方がどれほど身体に悪いか!

    立った一本のゴムで一日100㍑の血液が、足先に行くのを妨げてしまうのです。

    ゴムなし靴下で血流を促し、五本指で五指を開き指先にまで血流を促す!コレ大事!(力説)




  • 万病に効くレッグウォーマー『八王子の冷え性専門肌着靴下屋』




    冷えは万病の元。

    体温が一度上れば免疫は5倍に跳ね上がります。

    癌患者の70%は低体温の方だそうです。

    病気の因子は低体温の体に宿ります。

    「ちょっと暑い」ぐらいが身体には良いのです。

    夏場・・・冷房で身体を冷やしてませんか?

    寒いレストランで1時間もおしゃべりしてた・・・なんて経験は?

    新幹線で旅行!冷房が効いてて移動中ずーっと震えたたなんてことは?

    コンサート会場・・・キンキンに冷やしてあってアンコールまでの3時間寒さと闘った・・・なんてことは?

    薄手のレッグウォーマーをかばんに忍ばせて置いて下さい。

    寒さを感じたらパッと履いて下さい。

    足首は温めれば即効的に体温上昇につながります。

    ふくらはぎは第二の心臓。ここを温めると温かい血液を全身に流す事ができます。

    体内から温めると言う発想においては、上着を着るより、ある意味効果的な温め方なのです。

    レッグウォーマーのある生活に変えてみてください。

    3ヶ月で体調に良い変化が現れます。(個人差あり)

    体調不良でお悩みなら「昨日と同じ生活」はいけません。

    ライフスタイルを変えるのです。

    ほんの一部で良いんです。


    3ヵ月後。違う自分に出会えるはずです。




  • 冷房による冷えは、自立神経を乱れさせ体調不良を引き起こす。八王子の冷え取り肌着専門店!



    綿97%のレッグウォーマー(薄手) 肌に優しいコットンを使用してます。

    染料も草木染ですから、体に有害な化学薬品は使用していません。

    赤ちゃんでも、アトピーの人でも安心して使える素材です。

    3%ポリウレタンを入れないとずり落ちてしまうので、入れていますが肌に直接は当たらないように編みこんでいます。

    夏場は冷房によって体(特に足元)を冷やしてしまいます。

    現代人は過剰に体を冷やしますが、人体にとってはとても大きなダメージとなります。

    人は小汗をかくくらい・・・つまりちょっと暑いくらいが良いのです。

    冷房が普及してたったの30年。人体はこの人工的な冷えに対応できるようには出来ていません。

    「寒い!」「冷える!」と思ったらすぐこの薄手のレッグウォーマーを取り出し、装着しましょう。

    我慢してはいけません。寒いなぁと思いながら2時間も冷房のキツイ部屋で我慢したとすると・・・・・・


    自律神経は乱れに乱れて、その後一週間も体調不良が続く・・・なんて事にもなりまねません。

    「暖めましょ」自律神経の為にも・・・レッグウォーマーを装着するこの「ワンアクション」で健康維持につながります。




  • 冷房から体を守る賢い方法。八王子の冷房病対策肌着・レッグウォーマー・靴下



    心臓は自分のこぶしと同じ大きさ。

    心臓だけで7,000リットルの血液は回せない。(一日に体を巡る血液量は7000㍑)

    ふくらはぎの筋力は心臓の約6倍。

    下半身に落ちた血液を引力に逆らって持ち上げられる強力なポンプなのです。

    もちろん、この優秀なポンプは歩かなければ動き出しません。

    歩けば下半身に溜まった血液が巡りだし身体は温まります。

    その際レッグウォーマーでふくらはぎを温めておけば温かい血液が身体中を巡り体温は上昇します。

    夏に体を温める!?そうです。夏の強烈な冷房で長時間、体を冷やす事がどれほどのダメージを与えるか・・・・・・

    冷房の効いた部屋に30分居て、体を冷やし続けたら、どうぞ5分でも散歩して血液を回して上げて下さい。

    もちろん、冷房の効いた部屋に入る際は必ずバックからレッグウォーマーを取り出し装着してください。

    上の画像のレッグウォーマーは夏用の薄手の物です。通気性も良く蒸れにくいけど、冷房でたまらなく足元が冷える時には心強い味方になってくれます。




  • 6月の梅雨寒対策・・・・もう半袖で寝てるの?ダメです!寝る時は長袖・長ズボンで!八王子の冷え取り肌着


    6月の梅雨寒対策・・・・もう半袖で寝てるの?ダメです!寝る時は長袖・長ズボンで!


    蒸し暑くなる6月。もう半袖・短パンで寝ているなんて方はいますか?

    絶対にいけません!

    夜寝ている間は、体温が下がります。入眠するまでの数十分は体に火照りや暑さを感じるかもしれませんが、深い睡眠に入ると当然ですが体温は下がります。半袖短パンで寝れば、冷えた体のままで5時間も眠りっぱなし・・・・・・なんてことになってしまいます。

    薄い肌着でもかまいません。長袖と足首まで隠れる長いスラックスをはいて眠りましょう。

    冷えは万病の元。睡眠時に冷えていると「疲労回復」が出来ません。朝、目が醒めても「体がだるい」なんてことになります。

    ちょっと暑いくらいが体には良いのです。現代人は冷しすぎなのです。

    少し小汗をかくぐらいが体は元気を保てるのです。

    どうしても暑いというなら「腹巻」だけでもしてください。

    続けてみると「体調が良い」のがきっと分かります。

    体が冷えていると「免疫が下がります」。寝ている間の8時間、免疫が下がる。それが毎日続く。「癌やあらぬ病の因子を育てる」ことになりかねません。

    体温が一℃上がれば、免疫力は5倍に跳ね上がります。

    「ちょっと暑いくらいが体には良い」この言葉を覚えてくださいませ。

    健康貯金いたしましょう!




  • 冷房対策には絹と綿のレッグウォーマー『八王子の冷えを解決』




    よく冷やされた空気は部屋の下の方に集まります。
    足元はすごく冷たい空気が溜まっているのです。

    こちらの絹と綿を使用したレッグウォーマー。

    冷房対策には最適です。

    職場が寒すぎる人。

    バス旅行に行こうと思ってる人。

    新幹線で京都まで?

    友達とレストランに?

    どこも冷房で冷されています。

    今年の夏はレッグウォーマーを持ち歩いて「冷え」を感じたらすぐに装着してみてください。

    7月8月9月と三ヶ月続けてみてください。

    足のだるいのが無くなったり。夜足がつらなくなったり。生理不順が治ったり。自律神経が安定したり。

    人によって様々ですが、体調が上向きになる可能性があります。

    3ヶ月で答えが出ます。足元を温めていない去年の夏と、温めた今年の夏では明らかに体調が変化します。(経験談)

    是非、お試しあれ!




  • 八王子で80歳母親のパジャマや洋服や下着・肌着・靴下が買える店イツミヤ



    国産の春から初夏にかけてのパジャマです。

    ご高齢の方のパジャマを選ぶ場合、いくつかのポイントが有ります。

    高齢者は筋肉量が劇的に減っているので、体温が低くなっています。

    「夏でもコタツを出してる」「夏でも肌着を2枚も着ている」なんて方がいらっしゃいますが、私たちが想像している以上に高齢者は冷えているのです。

    多少、暖かくなってきたからと言って、高齢者の方は薄手のパジャマなんかそうそう着ません。

    夏でも肘を出して寝ることはしませんので、長袖が売れるのです。

    そうです。高齢者の方は半袖は年間を通して着ないのです。

    型紙も若い方のパジャマとは全く違います。同じMサイズでも全く違います。

    背骨が湾曲し、腰が曲がってきますので、袖ぐりゆったり、バストもゆったりで、さらに股上もたっぷり作らなければいけません。

    袖の長さも、パジャマズボンの丈の長さも、ご高齢者の平均身長に合わせて短めに作っています。

    高齢者の体形・ライフスタイル・体質を熟知して作ったパジャマで、お休みの時間を快適にしてくださいませ!

    さらにイツミヤでは、入院する際のことも考えて袖口にゴムを入れないようにして作っています。
    ゴムを入れると点滴を打つ際、腕を締め付けてしまうので血流を滞らせてしまうのです。

    入院の準備もイツミヤにお任せください。肌着から靴下(入院時は歩かないのでゴム無しが良い)まで入院に適した品が揃えて有ります。




  • イツミヤの靴下は全て足首ゆったりです!靴下で八王子の冷えを解消する!(高齢者用靴下?いえいえ冷えにも良いんです))


    奈良県産ゴムなし靴下
    足首のゴムがきつい靴下をはくと、一日に約100リットルの血液が足先に行くのを妨げてしまいます。 
    「靴下をはいているのに足先が冷たく感じる」なんて方の原因の一つが足首のキツイゴムだったりもします。

    当店の靴下は全て足首ゆったり。一日の中で「座ってる時間の方が長い」方や「車椅子」の方などは、足の筋肉やアキレス腱がほとんど動かないので、肉体がゴムに反発することなく、食い込みっぱなしで「夕方になると足首がひょうたんみたいにへこんでしまっている」というかたのお悩みに応えて作ったものです。

    上の写真の靴下は「ゴム無し靴下」
    「ゴム無しでズリ落ちてこないの?」と良く聞かれますが、多少ずり落ちても血流を止めるよりは「足の健康」のためにはその方が良いのです。血液だけが「酸素」「酵素」「温度」・・・つまり肉体が必要とする栄養素を運んでくれます。それを妨げると「冷え」や「水虫」の原因にもなりかねません。
    ジョギングに使うと言うのであれば「ゴム無し靴下」はお勧めしませんが、「一日の中で座っている時間の方が長い」と言う方はどうぞ「ゴムなし」を選んでください。「つま先の冷たさ」を緩和できる可能性があります。

    「ゴムなし」とは言うものの、編み方で伸びきらないように作って有ります。メリヤスの技術ですね。かかとも立体で編んでますので脱げ難く工夫して有ります。

    「ゴム無し靴下」の脱げない履き方。スラックス下(肌着)をはいた上にゴムなし靴下を重ねると「繊維と繊維」が引っ掛り合って一日ずり落ちてきません。春のこの時期は綿100%の薄手のスラックス下をはいて、その上に重ねると良いです。




  • 店舗・企業情報

    店名

    イツミヤ

    住所

    〒192-0053
    東京都八王子市八幡町5-11

    TEL

    042-622-8362

    営業時間

    9:30~19:00

    定休日

    無休

    URL

    http://poppanaitumiya.jimdo.com/

    コメント

    八王子の温かい肌着の専門店です。冷えの強いご高齢者の肌着や靴下やお洋服でしたらお任せください。冷え性の根本原因と対峙しながら、その方の症状に合わせた冷え取り方法をお勧めさせて頂いてます。創業60余年。「失敗させないお買い物」がテーマのお店です。お母様お祖母様やお父様お爺様の代理購買やプレゼントの際は是非ご利用ください。ご高齢者の洋服の失敗しない買い方をナビゲートいたします。